留学感言言吉赴日留学前辈寄语

留学感言: 刘同学(日文)—— 【立命馆大学】

发布日期:2018-06-28浏览次数: 568





後輩たちへの一言

— —立命館大学


今日本語を一生懸命に頑張っている言吉日本語学校の学生さん、こんにちは。私は留学クラス11期の劉です。今は立命館大学、理工学部、ロボティクス学科に属し、春になると、二年生となります。

今から日本語の勉強を振り返してみると、やはり楽しいことだなと感じています。今N1を受けている受験生たちはそう思わないかもしれませんが、それはこの山を乗り越えると、山頂に到達しますから。しっかり毎日勉強したものを復習しておけば、必ず良い成績が取れます。これを保証します。しかし、毎日勉強したものを少しでも油断したら、N2でしたらなんとなく行けそうですが、N1は必ず落ちます。これでも保証出来ます。ですから、常日頃の勉強や復習も大事にしておきましょう。

また、留学志望している後輩たちには、 この先に、たくさんのチャレンジや困難がありますから、速やかに覚悟しましょう。別に驚かせるつもりではなく、確かなことを述べています。例えば、教科書で勉強した日本語をどういう風に応用できるのか、要するに先生との会話より、方言や早口などさまざまな困難を含んでいる日本人との会話です。日本語学校の先生と同じように話せばええやんと思うかもしれませんが、その気持ちは大変良い、しかし現場に来てみたらすぐわかると思います。さらに、数え切れないほどのテストがあります。留学試験、各大学や大学院の面接、もし日本一流の国公立大学、大学院を目指している方にはトフル試験もあります。

なら、何故日本語の勉強が楽しいのかという質問が浮かんで来るはずです。そうです、何回に聞かれてもそういう風に答えます。日本語の勉強は楽しいです。この言語を上手く話せば、数え切れないほどの人やサプライズと出会えます。また、自分の夢にも一歩近づいたのでしょう。N1さえ合格できれば、日本語で作成した学術的な論文や難しい小説などを完全に読めるとは言えませんが、ほとんど翻訳要らずに、自分で理解できると思います。これは素晴らしいことだと思いませんか。また留学しようと思っている後輩たちに対し、山ほどの困難を克服すると、君たちは他の一般人より強いです。テストを問わず、その寂しさを耐えるのもなかなか偉いと思っています。さらに、バイト先、大学や大学院で知り合った日本人も増えますから、自分の日本語能力で外国人と話すのは君自身でもすごいなぁと感じるはずです。こういうことは異文化交流と言われています。

さて、留学というものは一体何でしょう。これについて少し話したいと思います。今まで三年間日本にいる僕に対し、留学は加速度増加機ということです。変と思われるかもしれませんが、これは事実です。勉強する人に対し、時間の方が自由ですから、できる限り勉強をします。しかし、国内にいるときにもあまり勉強せずに、海外に行ったらなんとなくできるやろうと思う人に対し、海外に行ったら必ず勉強しません。同様に時間が自由ですから、暇な時間は全てゲームなど無意味なことに使ってしまいます。別にゲームというものが良くないよというわけではなく、適当なゲーム時間は僕にとっても必要ですが、夢中にすると、ただの時間の無駄です。要するに、良くなる意欲が強い方に対し、海外留学を通し、さらに良い自分と出会えますが、ただ今の現実を逃げるつもりで留学するのは、その逃げた現実を日本で再現するはずです。

もう一つ大事なことは、この世に誰でも真面目に何かをやろうと思うなら、その過程は必ず簡単ではありません。君たちもそうですよ。それでは皆さんのご活躍を心よりお祈りします。



 

【课程丰富、学习全面;教学严谨、认真负责;日式环境、氛围浓厚】

言吉日语日语学习托福留考赴日读研留学签证一站式服务,直升日本名门大学!

升学指导、留学签证、配套齐全、认真负责、全免中介!