留学感言言吉赴日留学前辈寄语

留学感言: 简同学(日文)—— 【筑波大学】

发布日期:2018-06-28浏览次数: 507






言吉の後輩の皆さんへの一言

— —言吉学員


飛び立て!夢を翳せ!

言吉で日本語を必死に勉強しているみんな、こんにちは!

私は簡朴です。三年前に、私も君たちのようにN1試験のため、言吉で先生たちと一緒に頑張っていた。そして、君たちと同じで、日本での大学生活を求めていた。今年は私の来日してからの三年目で、今は筑波大学生物学類の二年生になりました。

三年前、私は日本に留学することを決意し、N1を挑戦しようと決めた。あの時、当時のN1テストまでは残り二ヶ月で、母の友が言吉を勧めてくれた。私は文法に弱くて、間違いがいっぱいだったけど、担当の曽先生と王先生に聞いてみれば何も必ず親切に説明してくれる。

学校でちゃんと先生の指導通り勉強し、練習問題の繰り返しを通して知識の理解を深める。暇な時に、自分がすきなドラマ、アニメを見て耳を強化する。一週の5日はぼ学校で日本語の勉強をするのは辛かったけど、最後に二ヶ月で合格にたどり着き、結構達成感があった。

 2015年の7月に、私は日本に来た。日本は綺麗で、環境がいい。たくさんの裏山が保存され、自然風景に好む人に対しては最高でしょう。電車システムが発達し、近い都市か村の間での移動が便利です。余暇な時、日帰りの旅行はすごく楽しいのです。そして、どこの店に行っても店員さんが優しく対処してくれますし、わからないことがあっても説明してもらえる。

  しかし、いかにも便利か親切だとしても、ここはもう自分の家から遠く離れた国だ。一人暮らしは寂しく、そしてつらい。なぜなら、全てのことは自分でやるしかない、生活も、試験も。自分しか誰にも頼れないの心構えがなければ、ここの生活を慣れるのが難しいと思います。

 皆さんはN1試験に合格し、自分の日本語はもう大丈夫だと認識し、後は日本に行く日を待つしかないと思うかもしれないが、それは全然違います。日本語がテストのために存在するではなく、交流のためだ。いわゆる、表現力が一番大事だと身に感じだ。いくら文法が美しくても、他人の話が聞き取れない、自分が言いたいことがちゃんと他人に届けない、こんな事がいっぱいあります。

 実は、日本での日常生活で、高級な文法はほとんど使うことはない。故に、皆さんは今から日本語試験から目を逸らして、日常会話に注目することを勧めます。どうやってより簡単な話しで自分の考えを表現するのが大事です。

 そして、皆さんはすぐに日本に来ると思います。大学に入る前に、だいたい一年半で日本の日本語学校で過ごすのでしょう。そこに、日本語について、勉強になれることは少ないが、遊ぶばかりするといい大学に入ることは難しい。

留学生は大学に入りたいと、基本的に留学試験をうけます。この試験は文系理系を分け、留学生の文化的知識を問う。中国の高考より難易度が下回るレベルですが、日本語の専有名詞がたくさんでるので、ちゃんと日本の教材で勉強しないといい点数が取れないと思うので、自分の日本語を自慢して油断になるのは禁物です。


留学試験の点数だけで、学校には入れない。皆さんは今から自分に相応しいか、もしくは好きな大学の情報の収集を初めて欲しい。日本には、大学がいっぱいあり、レベルと所有する学科はそれぞれが異なる。ちゃんと見て早く目標となる学校を決めないと、大変になるかもしれない。

 留学試験のほか、学校別の校内試験と面接が行われます。いい大学ほど校内試験が厳しくなるし、各学科も専門的な問題を出すのが普通なので、個人の努力がすごく大事です。努力すれば、対応的に報われるでしょう。

 最後に、皆さんの成功を祈ります!



 

【课程丰富、学习全面;教学严谨、认真负责;日式环境、氛围浓厚】

言吉日语日语学习托福留考赴日读研留学签证一站式服务,直升日本名门大学!

升学指导、留学签证、配套齐全、认真负责、全免中介!